2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2011.11.30 (Wed)

何だかなア・・

先日三者面談があり、娘の進路とか
色々話した後、学校給食の事とか
先生に相談・・というか聞いてみました。

校長先生にもお手紙を・・と思ったんですが
結局考えが纏まらなくて書けず仕舞い・・・。

原発事故以来
給食食材に限らず、今年は特に身の回りの
いろいろな事に配慮が欠かせない年だと
思うのに、学校側の「配慮」が少しも
感じられない・・という思いをほんの少し
ぶつけてみました。


先日市の健康教育課からきた返信メールの事も織り交ぜ
「給食室では放射性物質を少しでも避けるべく
食材仕入において配慮しているのか?」とか

12月は早速マラソン大会が行われるが
走行コース(うちの学校は校庭では走らない)の
安全を確認しているのか?とか

※心配だったんで、我が家の安物線量計でマラソン大会コースを
計ったら、おおよそ地表0.08~0.1マイクロで
芝生の上で0.15マイクロの場所とかありました。
コースはアスファルト部分を走るので、大丈夫かな・・。
ただ安物なんで目安程度にしかならないと思うけど。

校庭で通常通り体育授業をしているが
舞い上がる砂埃を吸い込む子供に害がないと
言えるのか(土壌検査もせず)とか・・。

じゃあ、土壌調査して給食食材の産地を公表すれば
安心するのね?と言われるとそうじゃないんだけど
学校側に出来る限り「被ばくを避けるような配慮」が
欲しい・・というのが本音かもしれません。
もし仮にマラソンコースの一部が線量が高ければ
今年は中止・・とかそういう決断も已む無しなんじゃ
ないかと思うんです。
マラソン大会に限らず学校行事も含めて、ですが。

11月25日に文科省から
「愛知県、青森県、石川県、及び福井県の航空機モニタリングの測定結果」が
公表されました。
こちら(文科省HP)

文科省の航空機モニタリング

改めて群馬の汚染の広さが分かりますが
勿論先生は文科省のHPで群馬県の航空機モニタリングの
結果をご覧になってますよね?と訊ねたら
先生まさかの


「あ、僕まだ見ていないんですよ」



ワンコ
(このワンコ画像ホント便利)

ありえない、マジありえない
群馬県の公開が9月27日ですよ。

生徒を預る学校の先生がこういう事に
興味を持たないの?てか興味あるとかないとかじゃなく
健康に影響がでることだし、先生もお子さんいるでしょ?
それに健康被害は子供に限らず大人だって
影響があるでしょうに・・・・・

汚染が広がる一方で、福一はまだ収束しておらず
放射能は漏れ続けている中、
食材に気をつけていても完全に放射性物質を
防げるとは私は思っていません。

そんなに給食が心配なら、お弁当にすれば?とか
言われるかもですが、相変わらず娘はかたくなに拒否。

だけど、家庭では1ベクレルでも、0.5ベクレルでも少なく
汚染の少ない地域の食材を調達して
日々気をつけているのに、学校もちったァ気を使えよ。

ちなみに
私:「この学校で私みたいに放射能汚染を気にしている
保護者の声はありますか?」

先生:「・・・他にいないですね」

だって。
とりあえずこういう思いの保護者がいるってこと
校長先生に伝えてくださいと言って、帰宅しました。

何だか嫌になりましたが、これはもう
市に頑張って色々測定して公開してもらって
先生方の意識を少しでも高めてもらいたいと思ったりします。


中には気をつけて出来る限り子供の被ばくを
防ごうと日々頑張っていらっしゃる先生もいるでしょうし
近くの小学校では大分前になりますが
食材は検査しているから安全ですといった類の
プリントを配ったらしいので、うちの中学くらいかも
しれませんけど。


スポンサーサイト
13:33  |  放射能汚染について思う事など  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。