2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2011.08.09 (Tue)

今日は父の命日です。

早いもので
父が亡くなってから10年経ちました。

昨晩は何だか当時の事を
色々思い出しちゃって

というか、頭の中で
「父の思い出」の引出しを
ぶちまけちゃった感じになって

久々に泣いてしまった・・・

でも悲しくて涙が出るんじゃ
ないんですよね
心が温まってというか、何というか・・



10年前
父が亡くなって葬儀告別式も終え
色んな手続きを済ませるために
父が入院した病院に書類を取りに
いった時のこと

私たちったら
父の靴を病室に忘れてしまって^^;
受付で渡される始末・・。

そしたら当時お世話になった
師長さんがいらっしゃって
立ち話をしたんですが

その師長さんが夜勤の時
深夜に喫煙室でタバコを吸う父と
よく話し込んだらしく

「お父さんね
娘さんの事、うんと心配していたよ。
お子さんが小さい内に離婚して
この先心配だって言ってたよ」

と私に話してくれました。

私は何て親不孝なんだろうか。
末期がんでもう食事も摂れず
日々痩せていく父に最後の最後まで
心配を掛けさせてしまった。

私が離婚かしないで
夫婦仲良く生活していれば
父だって少しは安心して天国に
行けたかもしれない

そう想って当時は自分を責めたり
しました。

普段はむっつりとして
見た目が非常におっかない父でしたが

晩年は
孫が可愛くて仕方ない「甘々じいじ」に
大変身して

よく娘をコンビニに連れて行き
「ママは1個しか買ってくれないけど
じーたんは10個買ってあげるよ~」
とか言って
お菓子で孫を釣っていたっけな~^^;

そんな娘ももうすぐ14歳。

もうすぐお盆だから
沢山のお花とお酒と
好物だった「カップヌードルシーフード」を
買っておくからね~

おと~さん。





スポンサーサイト
10:36  |  天国の父の事  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2011.06.06 (Mon)

やっと開眼法要が終りました。

2月20日に【父のお墓がにぎやかになりました】
と記事をかかせていただきましたが
その開眼法要を昨日の日曜日にしました。
ようやく出来た~って感じです。

本当は改葬したら、あまり日にちを空けず
法要をした方がいいんですが

叔母が亡くなったり
東日本大震災が起こったり
親戚の日程に合わせたりで
こんなに遅くになってしまいましたが

とりあえず終ったんで母もホッとしたようです。

昨日は蒸し暑かったんで
七部袖で夏用のパンツスーツの喪服を
久々に着たんですが

こちらにも太った影響が出た模様で
パンツがきつくなってて
正座の長丁場に縫い目が耐えられるかしら・・?と
危惧しましたが、大丈夫でした。

このパンツスーツもクリーニングに出しておいたので
きっと縮んだに違いない(現実逃避)

ところでお寺の住職さんのこと
皆さん何て呼ばれますか?

うちの父方の親戚の人達って皆
「おっしゃん」って呼ぶんですよ。

おそらく「和尚さん」→「おっしゃん」に変化したんだと
思いますが

あんまり親しくないのに「おっしゃん」って
ちょっと抵抗がありませんか?

「ほっしゃん。」(【Yahoo!人物名鑑】より)って聞こえちゃったら
ど~するんですかね~(`3´)

何はともあれ
法事の時しかお会いしない親戚ですが
一同集まって飲むお酒は美味しいもので

義兄さんにちょっかい出しまくり・・・

少々お酒が過ぎたのか、今日は頭痛いです・・・



13:48  |  天国の父の事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2011.02.20 (Sun)

父のお墓がにぎやかになりました

父が眠るお墓は、父だけでした。

桜の木の近くのお墓で、一人でした。

亡父には、4人の歳の離れたお姉さんがおり
父が一番末の弟でした。

長男なのに、何故F市にある実家のお墓に入らないか・・・
というと

昔、姉弟の間にいざこざがあったらしく
「実家や墓から手を引いてくれ」みたいなことになり
(私は子供だったのでそこらへんは良く分かりません)
うちの母は、我が家から比較的近くのお寺に
お墓を買ったのです。

だからうちは父のお墓だけを
守れば良いのですが

ここでは割愛しますが^^;
複雑な事情でF市のお墓を守る人が
居なくなってしまうので

F市に埋葬されている
父の両親と、父の一番上の姉とその息子さん
と小さい時に亡くなった父の妹(おそらく)の
5名の遺骨を
亡父のお墓に改葬する運びになりました。

私も母も改葬するに当たり「改葬手続き」が
必要なのを知らなくて

2日前にネットで何気なく調べたら
市役所などで手続きが必要なのを知り
あわただしかったんですがA^^;
なんとか無事に終わりました。


父が亡くなって今年の8月で
10年になります。
早いな~というのが正直な所です。


父が亡くなる前日の夕方
当時3歳の娘を連れ、
病院へ父に会いにいったんです。

土気色で痩せた父は、それでも
一人でトイレに行ったり
出来ていました。

私たちが帰る時
お財布から2000円を出し
「夕飯何か買って帰れ」と。

「え~っ、お金はいらないよ」と遠慮したんですが
「お金は必要ないから」と
娘に手渡ししてくれました。

病室から出るときは
「ありがとな~」と

それが最後の会話でした。
その明け方5時に亡くなりました。


あれから10年

にぎやかになった父のお墓では
お酒大好きな人たちばかりですので

夜な夜な宴会でも開催していることでしょう^^

お彼岸にはお酒をたくさん
お供えするからね~



12:16  |  天国の父の事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.12.28 (Tue)

義兄さん、ありがと・・

土曜日のXマスパーティーの時に
義兄さんからいただきました。↓
いただき物 SANYO Xacti DMX-CA100です

なんと某懸賞で当ったのですが
(ブルーレイ目当てで応募)
こちらが当ったそうです(オドロキ)

私はくじ運が全くないので
何か当ること自体が素晴らしいです。

しかし、姉の家は
デジカメは数ヶ月前に新品を購入したばかり。
2台あっても仕方がないし
「miyuちゃんちにあげるよ」とのことで
遠慮な~くいただきました。

いままで我家はこれを使っていました。↓
ハンディカムソニーハンディカム 8mmテープ使用

長い間愛用していましたが重いし大きいし
「今どき8mmテープ?」って感じ・・

でも
これは亡父の映像を残す為に買ったんです。
もう10年前になりますが
父が末期のS状結腸癌で余命1年といわれて
思い出を、映像を
残したくて買ったもので
その後もず~とこれを使っていました。

確かに重いし大きいし、テープだし
最新のデジカメは軽量で小さくて便利だけど
何だか買い替えることが出来ませんでした。

癌発覚後、父が4月に手術を終え、
その夏
家族で新潟の海に行ったんです。
このハンディカムを持参して

とても暑かったけど
神様がプレゼントしてくれたみたいに
浜辺には人がいなくて、波は静かで
(確か9月の初めだったと思います)
波打ち際まで小さい魚が泳いでいて、捕まえようとしたり・・

楽しかったな~

冬には北関東でも10cmくらい雪が積もった時
孫たちのために小さいけど「かまくら(※定員1名、子供限定)」
を作ってやった映像とか

朝から「雪見酒~」とか言ってお酒飲んでいる
映像とか

初詣に行って、娘(当時3歳)を
肩車している姿とか

私は娘が1歳の時に離婚したので
亡父が娘の「父親代わり」でもありました。

何回も何回も見たから
テープの悲しい宿命で
画面のど真ん中に乱れが入ってしまいましたが

声はちゃんと残っています^^

父が亡くなってからも
娘の保育園の演技会や卒園式
小学校の運動会、卒業式にと大活躍でした。

ハンディカムさん、いままでありがとう!

しかし、義兄さんって
こういう優しいところがあるんですよね~。

去年のXマスの時は
自分の長女にiPod nanoをプレゼントするのに
うちの娘にも同じものを色違いで
プレゼントしてくれたり・・・
(姉の長女とうちの娘は2学年違いですが
姉妹みたいな仲です)

だから
義兄さんが最近メタボ気味だというので
ここぞとばかりに「玄米に切り替えるべき!」と
義兄さんの為に力説していたら

「その話、長い?」といわれ
カチン!!・・・ときましたが
許します。

姉がまだ抗がん剤の最中だというのに
「早く仕事を始めろ」とか「正社員じゃなきゃ駄目」とか
姉にプレッシャーをかけて

義兄さんの事を
「おぬしは金の亡者か?!」とか「そこに愛はあるのか?!」とか
心の中で多々叫んだけど

なかったことにします。

義兄さん、ありがとう・・・
11:13  |  天国の父の事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.07.28 (Wed)

桃がおいしい季節になると

8月9日は父の命日

2度目に入院した時は
ガンによる腸閉塞のために
もう食事することが出来ず

医師も家族もなすすべもなく
ただ痛みだけはとってあげて欲しい

それだけでした。

モルヒネでうとうとする
父。
そんな父が桃のしぼり汁を
ほんの少しだけだったけど
おいしそうに飲んだっけ

スプーン1杯も飲めなかったけど

なので、桃が店頭に並びだすと
「あの夏」を思い出すんです。




17:33  |  天国の父の事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.07.23 (Fri)

天国の父

私の父は9年前に他界しました。

S状結腸ガンで、ガンが見付かった時は
既に末期でした。

父の手術中に母が医師から呼ばれ
腹膜の裏に無数に散らばったガンを見せられ
「余命1年です」と伝えられました。

術後、母と私は父の切り取った病巣を見せて
いただきましたが
数珠のようになったリンパ節と
殆どガンがS状結腸を塞いでしまって
状態でした。

いずれ再入院になるけれど、思い出たくさん
作ろうと私たち家族は必死でした。

父には「余命1年」の宣告は内緒にしていましたが
きっと気づいていただろうな・・・

私も人生を謳歌して
いずれは天国へ(もしかしたら地獄かも??)
行った時、
「あの時は内緒にしていてごめんね、おと~さん」
と言いたいです。


10:26  |  天国の父の事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。